NARD・JAPAN認定校
AEAJ認定教室
JAMHA認定教室
 
大阪北摂茨木市総持寺
メディカルアロマとハーブ
アロマミーレ
2018/9/23

ティートゥリーの挿し木のやり方

 ティートゥリーの挿し木のやり方についてのご質問が多いのでブログにアップしますね〜
 
まずは小枝を用意します。
 
 
 
先っぽと下の方を切ります。
 
 
真ん中のヤツを使います。
 
 
葉っぱを落とします。
 
 
 
 
 
葉っぱを落とすのは、水分の蒸散を防ぐためです。
 
緑オン緑で見にくくてごめんなさい。
 
 
 
大きすぎない鉢を用意します。
 
写真の鉢は直径12センチ高さ10センチ
 
 
 
鉢底石を半分入れて、その上に土を半分入れます。
 
培養土だとちょっと重いので、赤玉土かバーミキュライトがおススメ!
 
 
 
さっきのティートゥリーを挿していきます。
 
 
このサイズ(直径12センチ高さ10センチ)の鉢で10本程度を挿します。
 
 
 
 
 
鉢の半分くらいの高さまでバケツの水を入れ、鉢を浸けて、しっかり吸水させます。
 
30〜60分くらい。
 
 
 
 
水が茶色なのは活性液を混ぜてるから。
 
あれば活性液を水に混ぜたものがいいですが、なければ水に浸けます。
 
 
こんな感じのが園芸ショップで売ってます
 
バケツから出して、明るい日陰に置きます。
 
水を切らさないよう気をつけます。
 
根が出るまでは明るい日陰で管理します。
 
 
 
1ヶ月くらいして、そっと引っ張ってみて、抜けなければ根が付いてます。
 
 
あまり大きくない鉢に植え替えます。
 
大きすぎる鉢だとうまく育ちません。
 
 
 
ティートゥリーは水が大好きな植物です。
 
水を切らさないように育てます。
 
 
ウチのティートゥリーは植えて3年目から花が咲き始めました。
 
5月中旬から後半に咲きます。
 
白くてふわふわのカワイイ花ですよ〜