NARD・JAPAN認定校
AEAJ認定教室
JAMHA認定教室
 
大阪北摂高槻市富田(茨木市総持寺から移転しました)
メディカルアロマとハーブ
アロマミーレ
2020/4/28

夫へ。出さない手紙

こんにちは。大阪府高槻市でNARD JAPANJAMHAAEAJの認定教室を運営してます、アロマミーレ田行千香(たゆきちか)です。

 

 

学びを続けているグリーフケアの課題で亡くなった人への手紙を書くというのがありました。

 

心理的葛藤のある相手に手紙を書くのは、心理療法の手法でロールレタリングといいます。

 

書き上げた手紙は実際に相手に渡さなくてもいいのです。

 

ちなみに返信は相手になりきって自分で書きます。

 

 


 

 

 

さて誰に手紙を書こうか。

 

やっぱり夫だよね。。。

 

 

 

まずはそのために便せんと封筒を購入して準備。

 

夫の好きなブルーにしました。

 

 

実は去年の年末に出された課題だったのだけど、子宮アブレーション手術やら次男の受験やらもあり、それを言い訳に後回しにして放ったらかしにしてました。

 

手紙を書くことで自分のグリーフに向き合うのが怖かったのです。

 

感情が揺さぶれてそう。

 

絶対に泣いてまうよな~

嫌やなぁ~

 

躊躇する気持ちが大きかったけど、この課題をやる事で前に進めそうな気もしてました。

 

手紙の課題やらなきゃ、、、という思いが頭の隅にずっとあるのもシンドい。

 

コロナで時間に余裕ができたし

レッツチャレンジ!

 

 

 

手紙を書く前にハーブティーを淹れて気持ちを整えます。

 

甘さがあり優しくてスッキリした感じが飲みたくてブレンド。

 

レモンバーベナ

フェンネル

ペパーミント

セントジョンズワート

 

 

窓の外の夕方の空がきれい
 
 
ハーブティーを飲んで
 
さあ!書くぞ!
 
と覚悟を決めて書き始めました。
 
 
 
ロールレタリングのコツは
 
便箋に普段の話し言葉で書く、です。
 
 
 
いざ用意してた便箋に
 
〇〇ちゃんへ(夫のニックネーム)
 
と書きだすと
 
どんどん言葉がでてきて意外だった。
 
あふれる気持ちに書くのが追いつかない状態。
 

普段あまり意識してない自分の内側にあるぼんやりとした思いが、手紙という出口を見つけて急に形になって殺到してきたような感じ。

 

内容は支離滅裂。

同じことを2度も書いたり。

 

事前に自分はこんな事を書くんじゃないかと予想してた内容とは全然ナナメ上の全く違うことを書いてる。

 

なかなか出せなかった感情が表に出てきました。

 

書きなぐった字は荒くて汚いし。

 

話し言葉なのでバリバリ関西弁やし。

 

 

 



 

 

書くのに時間がかかるかなと思ってたけど、一気に書きあげた。

 

10〜15分くらい。

 

絶対に泣くと思ってたけど涙は出なかった。

 

書いた後はすがすがしい解放感!

 

 

あんなに躊躇してたけど

 

いざやってみたら

 

やって良かった〜

 

スッキリした〜

 

という現金な私。

 

 

ロールレタリング、すごいです。

 

 

実は、夫を亡くしたばかりの頃に、アロマミーレの生徒さんにカウンセラーさんがいらして、夫に手紙を書くことを勧められてたんですよね。

 

でも当時はとてもじゃないけど書けなかった。

 

タイミングも大事やなぁ〜と思う。

 

 

書いた手紙はひとまず引き出しにしまってみた。

 

仏壇に供えるのもいいかも。

 

 

グリーフケアの学びを深めるには

 

今回のロールレタリングを

 

セルフカウンセリングしたり

 

それによって

 

また夫へ手紙を書いたり

 

あるいは夫になりきって返信を書いたり

 

いろいろするのがベストなんだけど

 

今はこれで精一杯。

 

がんばったよ、私。

 

 

今の気持ちは

 

天国の愛するあなたへ私の気持ちを手紙に込めました。読んでね。

 

というようなカワイイもんじゃなく

 

おい夫、読みやがれ!

 

前から思ってた溜まってたアレコレを今回はついに言うたったで(書いたったで)!

 

というような

 

どっちかっていうと

 

えーと

 

夫婦喧嘩にありがちな感じです〜苦笑

 

 

天国の夫はどう思ってるかな。